【おでかけ】2018年パース旅行記 その3 〜パースから電車でフリーマントルに行って、観光してきました〜

おでかけ

今回は2日目、フリーマントル観光について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2日目:フリーマントル観光

フリーマントルってどこ?

パースの南西約20kmぐらいの所にあります。
フリーマントルはインド洋に面した港町です。

パースからフリーマントルに行くには?

今回の旅行では、電車でパースからフリーマントルに向かいました。
パース駅からフリーマントル線に乗って行けば25分ぐらいでフリーマントル駅に着きます。

まずはパース駅の券売機で切符を買いましょう!
券売機は下の写真のものです。

フリーマントルに行くまでの料金はZone2の価格、4.8AU$でした。
切符の買い方は券売機の上に英語の説明があるので、それに従ってタッチパネルで操作します。
大体の人は、

  • 『STANDARD』を押す
  • Zone2を押すか、駅名『Fremantle』を検索して押す
  • 現金かクレジットカードを入れる

という流れで買えると思います。

切符は紙のペラペラのものです。

切符が無事に買えたら、改札を通ってホームに向かいます。

ホームは広くて、綺麗でした。

目的地のフリーマントルに向かう、フリーマントル線は7番ホームにありました。

ここから25分ほどの電車の旅が始まります♪

電車の中も綺麗です。
ただ日本の電車と比べると、座席が少し固いなぁという印象でした。

フリーマントルに近づいてくると、窓の外から海が見えます。

フリーマントルに到着!まずはラウンドハウスへ!

フリーマントル駅の外観も綺麗なので、写真に撮っておきました。

今回のフリーマントルの観光では、移動手段はすべて徒歩です。

せっかくならゆっくり街並みを見ながら歩きたいなぁという思いもあって。

ただ歩くのがしんどい人は、無料バスもあるので、うまく活用してください。

まずはフリーマントル駅からラウンドハウスへ向かいます。
地図はこちら↓

途中の街並みは下の写真の感じです。

ラウンドハウスに向かう途中、黄色のペイントが気になる・・・

ラウンドハウスに到着!

ラウンドハウスの上まで上がって振り返った時に、さっきの黄色のペイントが何かわかりました!
まぁ何でこの模様にしているのかは調べてないので、わからないですがw

ラウンドハウスの入り口です。
入場は無料ですが、寄付を募集していました。
コインが余っている人は、募金しておくと良いと思います。

ラウンドハウスの中です。
ラウンドハウスというのは、フリーマントル刑務所ができる前の古い刑務所です。
なので、刑務所で使用されていたものが色々と展示されています。

海も綺麗に見えます。
この日は良く晴れていたので、空の青と、海の青が綺麗です。

ラウンドハウスからはすぐに浜辺の方に行くことができます。

せっかくなので、浜辺まで行ってみます。
砂はすごくサラサラとしてました。
案の定、靴にめっちゃ砂入りましたがw

浜辺から見たラウンドハウス。

お腹が空いたので、ランチタイム

フリーマントルの名物と言えば、『フィッシュ&チップス』みたいなので、それを食べに行きます。
フィッシュ&チップスを出しているお店は多いので、事前に調べて行った方が良いかもです。

今回は、Kailisへ行ってきました。

せっかくなら、色々なものが食べたいと思い、『SEAFOOD PLATTER』を注文しました。

入っていたのは、

  • 白身魚のフライ
  • イカのフライ
  • エビのフライ
  • ホタテのフライ
  • ポテトフライ
  • サラダ
  • チリマッスル(ムール貝のトマト煮)

です。

二人で食べたのですが、ボリュームがすごいです。
3人か4人で食べることをオススメします。

個人的にはチリマッスルが特に美味しかったです。

フリーマントルマーケットを通って、フリーマントル刑務所へ

お腹がいっぱいになったところで、次はフリーマントル刑務所へ向かいます。

フリーマントル刑務所に行く途中に、フリーマントルマーケットがあったので寄ってみました。

フリーマントルマーケットは週末に開催されています。
ちゃんと週末に行ったので、中にも入ってみました。

数多くのお店があり、かなり賑わっていました。
ご飯屋も多いので、ここで何か買って食べても良いと思います。

お土産なんかも、ここの中の店で買いました。

そして、フリーマントル刑務所に到着!

刑務所の中を見学するには、ツアーに参加する必要があります。
刑務所の中に入らなくても、お土産を買ったり、ちょっとした展示を見ることはできます。

せっかくなので、刑務所の中に入ってみましょう。
ガイドの方はもちろん英語で説明するのですが、無料で日本語ガイドの機械を借りることができます。
なので、英語がわからなくて楽しめないということはありません。

刑務所の中を見学できるなんて、なかなか無い経験だと思うので、フリーマントルに行った際にはぜひ刑務所見学ツアーに参加することをオススメします。

ちなみにツアーには何種類かあって、見学コースが変わってきます。
今回は一番安いコースに行きました。
ディープな世界を見てみたいと思っている人は、少し高めのコースに行ってみてはいかがでしょうか?

最後に、タウンホールを見てパースへ戻る

刑務所見学後、またマーケットに戻って買い物を楽しんだ後、最後にタウンホールを見てパースへ帰ってきました。

街並みが綺麗なので、ただ散歩するだけでも楽しいです。

フリーマントルは今回行けなかった海洋博物館やビール工房など、まだ多くの観光スポットがあります。
パースへ旅行にきた時には、1日フリーマントル観光を入れるのがGOODです!


次は3日目、ロットネスト島観光について紹介していきます。

ではでは〜

コメント