※当サイトのリンクには広告が含まれています

コンセント周りスッキリ!CIO Polaris CUBE WALLの特徴解説と実機レビュー

ガジェット・家具など

今回はCIO Polaris CUBE WALLという商品についてレビューを含めて紹介したいと思います。
CIO Polaris CUBE WALLは「買って良かった!」と思える商品で、コンセント周りが煩雑になってて困っている人に向けてかなりオススメできます。

スポンサーリンク

CIO Polaris CUBE WALLの特徴

3口のコンセントは合計1500W対応

一般的な3口たこ足コンセントと同じ合計1500Wまで対応しています。
そのため、現在3口たこ足コンセントをそのままCIO Polaris CUBE WALLに置き換えることができます。

USBはUSB-C×2ポート・USB-A×1ポート搭載の合計3ポート対応

USB充電は合計3ポートあるので、スマホなどのデバイスを充電するためには十分だと思います。
USB-Cの1ポートのみを使用する場合は最高67Wまでの出力されるので、macbookなどのノートPCの充電も余裕でできます。

サイズが小さい

3口コンセント+USB充電器を組み合わせたCIO Polaris CUBE WALLですが、サイズも小型です。
サイズはクレジットカードと同じぐらいです。
重量も185gと軽いので、旅行先に持ち運びすることもできます。

地味に嬉しい保護シャッター

3口すべてのコンセントを使っていればとくに問題ないですが、使っていない口があると気になるのはホコリが入ってしまうことです。
ただこのCIO Polaris CUBE WALLのコンセントの口には保護シャッターが搭載されているので、使っていないコンセントの口はホコリが入らないようになっています。
コンセントの口にホコリが入らないようにするためのキャップが100均などで売っていますが、それを買わなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

CIO Polaris CUBE WALLの実機レビュー

CIO Polaris CUBE WALLが1つあれば、配線回りの煩雑さはかなり解消されます。
実際に自分はPC机にCIO Polaris CUBE WALLを置いています。
コンセント、USBの使い方は下のような感じです。

種類用途
コンセントPCスピーカー
コンセントPCモニター
コンセントNintendo Switch
USB-Cmacbook・スマホ充電
USB-CPixel Watch充電
USB-AiPod touch充電

CIO Polaris CUBE WALLを買う前は、たこ足コンセントにUSB充電器を繋いだりしていましたが、場所を大きく取ってしまうのが嫌でした。
できるだけPC机の上はスッキリさせたいと思っていたので。
CIO Polaris CUBE WALL1つで大きくPC机の上が整理されたので、かなり良い買い物をしたと思っています。

コメント