初心者におすすめの前衛・後衛の文明を紹介【AOE2 DE初心者が皇帝を目指して攻略!】

AOE2

これまでの自分の経験から、初心者でも使いやすい文明もピックアップしました。

初心者の方で、どの文明を使うか悩んでいる人は今回紹介した文明をまずは使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

前衛

前衛は基本的に弓で戦うことになるので、弓が強い文明をピックアップしました。

ブリトン

ブリトンは羊の狩猟スピードが速いので、暗黒の時代から領主の時代への進化がスムーズにしやすい文明です。

ブリトンの弓の射程は他の文明の弓に比べて長いので、相手の弓が当たらない距離で引き射ちして、相手を倒していく戦法になります。
エリートロングボウのフルアップだと、射程は12まで伸びるので、とんでもない遠いところからで攻撃でき、相手が近づく前に倒すことが容易となります。

ブリトンのチームボーナスが『射手育成所の作業速度+20%』というのも、弓生産において重要なポイントです。
弓はなんといっても数が物を言うので、相手よりも弓の数を多くして戦況を有利に進めることができます。

エチオピア

エチオピアは他の文明に比べて、弓の発射間隔が短い文明です。

弓の引き射ちが少し苦手だという人は、ブリトンよりもエチオピアを使うことをおススメします。
エチオピアに弓懸を入れると、弓の発射速度はさらにアップし、近づいてくる相手に攻撃される前に倒してしまいます。
あまり細かく引き射ちすると、逆にエチオピアの良さが活かしきれないこともあるので、そこは注意が必要かもしれません。

城主進化後は長槍兵に自動アップグレードされるので、相手の騎士が多い場合は、長槍兵も混ぜて戦うこともできます。
弓と槍の両方揃えてうまくと、騎士文明の相手はかなり苦しい展開になるでしょう。

スポンサーリンク

後衛

ペルシア

ペルシアは最初に食料と木のボーナスがあるので、少し進化に失敗しても取返しのききやすい文明ということで初心者向けです。

町の中心の作業速度も速いので、内政拡大がしやすく、後衛で分厚い内政から兵を量産といったことも可能です。

また、近衛騎士がフルアップするので、帝王の時代もしっかりと戦えます。

らくだも使えるので、状況によっては騎士でなくらくだを出すといった柔軟性があるのもおススメできるポイントです。

象さんは強いユニットですが、使い方が難しいので初心者の方は手を出さない方が無難だと思います。

スポンサーリンク

最後に

自分の経験から初心者におススメの文明を紹介しました。

人によって使いやすい、使いにくいがあると思うので、いろんな文明を練習してみて、前衛・後衛に1つずつ得意な文明を見つけてみましょう。

コメント