※当サイトのリンクには広告が含まれています

朝活を始めたい人必見!メリットやオススメの過ごし方、続けるコツを紹介

雑談

朝活は、健康的で充実した1日を送るためには欠かせないものとして注目されています。
自分も朝活を実践し始めて、それまでよりも1日が充実したものにできるようになりました。

この記事では、朝活とは何かの概要を説明し、朝活のメリットや朝活のオススメ活動を紹介します。
また朝活を続けることができない人に向けて、自分の経験から得た朝活を続けるためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

朝活とは何か?

朝活とは、会社や学校に行く前の朝の早い時間帯に自分から意識的・積極的に何かしらの活動をすることです。
『自分の興味のあること』や『やりたいこと』を朝の時間帯にすることで、充実した生活を送ることができるようになります。

また朝の時間帯は他の人に左右されずに自分の時間を確保しやすく、また外も静かなので集中しやすい環境なので、作業の効率性を向上させることもできます。

朝活で大事なことは、やらないといけないと思っている仕事や家事ではなく、『自分がやりたいこと』、『興味のあること』などポジティブな気持ちで取り組めるものをやることです。
朝活は自己投資の時間として設定するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

朝活を始めるメリット

朝活のメリット1:健康的な生活につながる

朝活を始めると、毎朝決まった時間に起きるようになるため生活リズムが安定しやすくなります。
生活リズムの安定は体調を整えやすくなるので、健康的な生活につながってきます。

朝活としてウォーキングやジョギング、ストレッチなど軽めの運動をすることで日頃の運動不足の解消もでき、より良い健康的な生活を送ることができます。

朝活のメリット2:時間の有効活用ができる

朝の早い時間帯は、他の誰にも邪魔されず自分の時間を確保しやすいことと、他の時間帯に比べて静かな環境であることが多いです。
そのため、自分のやりたいと思っていることをより効率的にできること、集中してできることが朝活の大きなメリットになります。

仕事前の軽い運動も、仕事の効率を上げることが知られているので、朝活に軽い運動を取り入れることもオススメです。

朝活のメリット3:メンタル面の改善が期待できる

朝活は自分のやりたいと思っていることや興味あることをするので、ポジティブな気分で取り組むことができます。
またストレス解消にもつながることになります。
これらのことから、朝活を通じてメンタル面の改善につなげることができます。

スポンサーリンク

朝活のオススメの活動

朝活をするにあたって、具体的にどのような活動がオススメでしょうか。
以下にいくつか例を挙げてみます。

オススメの朝活1:運動する

朝活の代表的な活動といえば、運動です。
ウォーキングやジョギング、ストレッチなど自分に合った運動を行うことで、運動不足解消し健康的な生活を送ることができます。
また運動は眠気覚ましになるという点において、その後の活動を効率上げるのでオススメな朝活です。

オススメの朝活2:読書する

朝は静かな環境でゆっくりと自分の時間を確保しやすいので、集中して本を読むには適しています。
読書をすることで多くの知識や情報を得ることができ、自己成長につながります。

オススメの朝活3:スキルアップの勉強する

仕事や資格試験の勉強も、朝活の一環として取り組むことができます。
静かな環境で集中して勉強することで、効率的に学ぶことができます。

オススメの朝活4:副業する

本業とは別に自分の興味のあることで副業をするのも、朝活としてはオススメします。
副業には興味があるけど、なかなか手を出せない人は朝活として取り組んではいかがでしょうか。
仕事が終わって、夜に副業を取り組もうとしても疲れていてなかなか手を出せない人にはオススメします。

スポンサーリンク

朝活を続けるコツ

朝活を頑張ろうと思っていても、続かないと意味がありません。
自分の経験から朝活を続けるためのコツを紹介したいと思います。
朝活が続かない人は参考にしてみてください。

続けるコツ1:睡眠をしっかりとる

朝起きた時に体に疲れが残っていては、朝活のやる気が起きなかったり、朝活の効率が下がってしまったりします。
そのため夜はあまり遅い時間まで起きず睡眠をしっかりとり、次の朝にリフレッシュした状態にしておく必要があります。

睡眠時間については自分で何時間寝ると次の日の朝に調子が良いかを把握しておくことをオススメします。
自分の場合は7時間ぐらいが良い感じなので、朝起きる時間から逆算して寝る時間を決めています。
必要な睡眠時間は人によって違うので、実際に試しながら最適な睡眠時間を見つけると良いでしょう。

続けるコツ2:毎日決まった時間に起きる

決まった時間に起きることを習慣化させ、体を慣れさせましょう。
習慣化すると、起きるのがそれほど苦では無くなりますし、体が勝手に起きたりします。
また目を覚ますために、起きたらすぐに部屋のカーテンを開けて、ベランダに出て外の空気を吸ってみると眠気覚ましに良いです。

続けるコツ3:朝活でやることを事前に決めておく

朝、起きてから何をするのかを決めるのではなく、寝る前に決めて準備しておきましょう。
せっかく大事な朝の時間に何をやろうか色々悩んでいるのは、もったいないです。

また事前にやることを決めて、モチベーションを上げておくと、朝活への意欲も高まり続けやすくなります。
朝活でやることをリストアップしておくなど、わかりやすいように管理するのが良いでしょう。

続けるコツ4:記録をつけながら朝活を楽しむ

朝活をすることで、自分磨きができたり、健康的な生活を送ることができたりします。
楽しんで続けることができれば、自然と続けることができるようになります。
朝活を楽しむ1つの方法として、ノートなどで記録を取るのも良いでしょう。
きっと自己肯定感も上がり、モチベーションの維持に繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は朝活とは何か簡単に説明した後、朝活のメリットや朝活でオススメする活動、朝活を続けるためのコツを紹介しました。
普段忙しい人であればあるほど、朝活に取り組んだ方が良いと思います。
朝活で生活を充実させQOLを上げていきましょう!

ではでは〜

コメント