1年以上実践している、毎日を豊かにする朝活のメリットと続けるコツ

雑談

ど〜もtoniemonです☆

以前から朝活に取り組んでいて、良いなと実感しているので紹介したいと思います。

朝から何か活動すると、すごく充実感もあるし、朝は集中してできるので、勉強なんかも捗ります。
自分がこれまでに感じた朝活のメリットや続けるコツなど紹介するので、参考になれば良いと思います。

スポンサーリンク

朝活のメリット

集中して取り組むことができる

朝の静かな時間帯という快適な空間の状態なので、いろんなことが集中して取り組めます。
また、朝の決められた時間しかないという制限が更に集中力を高めてくれます。

寝起き直後は少ししんどいかもしれませんが、体が起きてくれば体調は一番元気な状態なので、集中しやすいです。

生活リズムが整う

毎日決まった時間に起きることで、生活リズムが整います。
また夜更かしをしなくなるので、健康に良い生活スタイルになります。

スポンサーリンク

朝活を続けるコツ

睡眠をしっかりとる

朝起きた時に体に疲れが残っていては、やる気が起きてこないので、睡眠をしっかりとり、リフレッシュした状態にしておく必要があります。

そのためにも、自分はどのくらい睡眠時間が必要かを把握し、夜はダラダラと起きず、ちゃんと寝るようにすることが大切です。

毎日決まった時間に起きる

決まった時間に起きることを習慣化させ、体を慣れさせましょう。
習慣化すると、起きるのがそれほど苦では無くなります。

朝活でやることを事前に決めておく

朝、起きてから何をするのかを決めるのではなく、寝る前とかに決めて準備しておきましょう。
せっかく大事な朝の時間に色々悩んでいるのは、もったいないです。

また事前にやることを決めて、モチベーションを上げておくと、朝活への意欲も高まり続けやすくなります。

目覚めたら、ベランダに少し出る

目を覚ますために、部屋のカーテンを開けて、ベランダに出て外の空気を吸ってみるのが良いです。
あとは、着替えをして、気持ちを切り替えるのも良いです。

スポンサーリンク

toniemonの朝活スタイルを紹介

6:00〜6:15 起床、ストレッチ、筋トレ

朝起きてから、まずは水分補給します。
寝ている時にも体の水分は失われているようなので、体を元気にするためにも水分はしっかりとるようにしています。

そのあと、ストレッチや軽い筋トレをして体を動かして、目覚めさせます。
ストレッチをするとなぜか、その後の勉強に対するモチベーションが上がってきます。

6:15〜7:15 勉強

自分は朝活の時間は勉強の時間にしています。
最近は資格の勉強などを1時間ほどしています。

前までは、夜に勉強時間を割り当てていたのですが、仕事帰りだと疲れが溜まってて、集中できなかったり、しんどくて勉強できなかったりして計画が狂うこともありました。
朝に勉強するようになってからは、ちゃんと計画通りに勉強することができるようになりました。

7:15〜 朝食と出社の準備

朝食をしっかり食べて、出社の準備をします。
朝活を始めてから、結構お腹が空くようになったので、朝食はしっかり目にとるようになりました。
逆に夜は少し早めに寝るようになったので、夕食は少し抑えるように心がけています。

このことを毎日、繰り返しているので、今では6時に起きることが苦ではないし、朝から充実しているなと実感があります。

夜、なかなか資格の勉強とかが集中できないなという人は、夜は早く寝て、朝活として取り組んでみてはいかがでしょうか?

ではでは〜

コメント