【サッカー】 なでしこJAPAN 女子アジアカップ連覇! 【2018年女子AFC】

サッカー

ど〜もtoniemonです☆

サッカーに関して明るい話題が出てきました!

 

女子アジアカップ優勝!

おめでとうございます!

 

スポンサーリンク

耐えに耐えて、勝ち取った優勝

試合内容は、前半後半含めて防戦一方の展開。

いつ点を取られてしまうのかって感じの緊張感が続く試合でした。

 

この試合の一番のピンチは、前半14分。

オーストラリアのクロスボールにGK山下が飛び出てキャッチングをしようとするが、こぼれてしまいます。

そのこぼれ球をオーストラリアの選手がシュートし、それがDF熊谷の手に当たり、ハンドを取られてPK。

まぁ、ここでは失点を覚悟しました。

下手すると熊谷はイエローカードでなく、レッドカードの可能性もあったので、そこはラッキーだったなくらいで見てました。

しかし、奇跡が起こります!

GK山下がPKをセーブ。

いやぁ、素晴らしかったです。

もしここで失点してしまうと、ゲームの流れからさらに失点を重ねる雰囲気もあったので、このPKセーブがかなり優勝には大きかったです。

この試合に関してはGK山下は数多くのビッグセーブを連発して、日本のピンチを救ってきたので、個人的にはこの試合のMVPは山下です。

山下のPKセーブはすごいのですが、それを予言するすごい人がいます。

それは、

解説者の松木さん。

PKを蹴る前に、

「PK戦では外してましたからね。これ取れるかもしれませんよ。」

とコメント。

そのコメント通り、PKセーブ。

松木さんの解説は、よく居酒屋のおっさんのようだと世間で言われることも多いですが、選手の分析、試合の流れを読み取る能力はすごいと思っています。

男子A代表でW杯出場を決めたオーストラリア戦の1点目。

長友がクロスを上げるまでに、松木さんは「良い流れだ」と連呼しています。

さすが、ヴェルディ川崎の黄金時代を支えた監督です!

 

スポンサーリンク

数少ないチャンスを活かした攻撃

防戦一方ではありましたが、何度かチャンスを作り出してました。

この試合の攻撃のキープレーヤーは、FW岩渕とMF長谷川だったと思います。

岩渕はドリブルで相手を切り崩して、チャンスを作り出せていました。

長谷川もトラップでうまく相手をかわして、チャンスを作っていました。

特に後半の得点につながったGKからのロングボールをワンタッチで相手を交わし、FW横山にパスを通した場面は、すばらしかったです!

横山の前に向くトラップから相手を交わし、強烈なシュートも「うおっ!」って思わず声が出てしまいました!

解説の大竹さんは「笑いがとまらない!」と絶賛!

横山の決定力はすごいですね!

 

スポンサーリンク

来年のワールドカップに向けて

見事アジアカップを優勝したので、来年のワールドカップも期待したいですね!

ただ、この試合チャンスがかなり少なかったことを考えると、さらなるレベルアップは必要かなと思います。

さらに2020年のオリンピックに向けて頑張ってほしいですね。

 

 

ではでは〜

コメント