【節約術】 欲しいものを買わずにグッとこらえる3つのコツ

節約術

人間、誰だって物欲があって、これが欲しい〜、あれが欲しい〜ってなるのが当たり前だと思います。

ただそこで、衝動的に買ってしまうか、一歩踏み留まることができるかが、節約の上ではとても重要だと思います。

欲しい物を買わずに我慢する方法は人それぞれだと思いますが、今回は自分が実践している方法をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

用もないのにお店に行かない、ネット通販を見ない

まず1つ目のコツです。

お店に行ったり、ネット通販を見ているとついつい今まで欲しいと思っていなかったものが欲しくなったりします。

その時点で完全にお店側の術中にはまっているわけです。

そして、ついつい買ってしまう・・・

ということを無くすために、まずは用も無いのお店に行ったり、ネット通販を見ないことです。

そうすれば、お店からの誘惑を受けずに済むわけです。

スポンサーリンク

欲しい物が出てしまった場合は一旦リスト化する

まぁそうは言っても、欲しいものは必ず出てくると思います。

友達が旅行で使っていたバッグがとても良くて欲しくなったとか、TVで宣伝していた電化製品が使いやすそうで欲しくなったとか。

きっかけは様々にあると思います。

そこで、欲しいと思ってしまった時は、まずリスト化します。

なんとか理性を働かせて、商品を持ってレジでお金を出す前に、スマホやメモ帳に欲しいものリストを作ってそこに書き込みます。

リストには

  1. 商品名
  2. 値段
  3. なぜ欲しいのか?
  4. もし買ったら、どの程度うれしくなるのか?
  5. 購入するための条件

を書いていきます。

各内容について、少し説明します。

1.商品名

ここには欲しくなった商品名を正確に書きます。

2.値段

値段とお店の名前も書いておくと良いと思います。

値段を何度も見ることで、本当に必要なものなのかという自制を促します。

3.なぜ欲しいのか?

これが重要です。

なぜこの商品が欲しいのか、この商品を買わなければならないのか。

ここがちゃんと書けないと衝動的に買おうとしていることになります。

4.もし買ったら、どの程度うれしくなるのか?

商品を買う前に、買った後のことを想像してみてください。

そこでめっちゃ喜んでる姿が想像できないのであれば、一時的に欲しくなっただけで、しばらくすると別にどうでもよくなってしまうものかもしれません。

そうであれば、買うのはもったいないと思います。

5.購入するための条件

ここまでリストを埋めてきても、やっぱり自分にとって欲しいものだと思った場合は、買うための条件を設定しましょう。

例えば、

  • 値段がいくらまで下がれば買う
  • 今使っているものが壊れたら買う
  • 仕事で成果が出たら買う

など。

どうせ買うなら何か条件を設定し、それを達成するなどして買うようにすることで、衝動買いの癖は無くすことができると思います。

自分は今回書いたことを実践して、衝動買いというものは無くしました。

欲しいものリストはいっぱい埋まっていますが、古いものは段々と興味が無くなって、欲しくなくなったりもしています。

その分節約できた〜と思っています。

スポンサーリンク

なぜ節約しようとしているのかを意識する

欲求と戦う節約生活は、何か大きな目的があると達成しやすくなります。

例えば、

  • もっと高価な物(車とか家など)が欲しいから節約する
  • 早期リタイアしたいから節約する

とかが目的として挙げられるかと思います。

人それぞれ目的は違うと思いますが、その目的を普段の生活する時から意識するように心がけてみましょう。

そうすれば、何か欲しくなって買おうとした時に、「これを買うと自分の節約しようとしている目的に反するけど大丈夫か?」「買ってしまったら、目的達成が遅れてしまうぞ」などの考えがパッと浮かぶと思います。

そこで、やはり自分に今必要なものかどうかの吟味の時間ができて、簡単に欲しいものを買ってしまうような衝動買いは防げると思います。

逆に言うと、目的も無く何となく節約するのってかなり難しいかなと思いますし、特に目的も無いのであれば無理して節約する必要も無いかなと思います。

節約する目的を自分なりに考えてみることは大事なので、しっかり時間をかけて考えてみてください。

コメント