フリーランスエンジニアで案件に困らないようにするための秘訣

フリーランス

会社員と違って、フリーランスエンジニアが一番不安になることは『案件がない』ということではないでしょうか。

案件がなくて仕事ができなければ当然収入がなくなってしまうわけで、そうなった場合に「フリーランスになるべきでなかった」などと後悔してしまうことだってあります。

今回は、自分のこれまでフリーランスエンジニアの経験の中で、案件に困らないようにするための秘訣的なものを紹介したいと思います。
ちなみに今回の紹介する内容はフリーランスエージェントを利用していることを前提としていますが、エージェントを利用していない方にも役に立つ内容があると思います。

スポンサーリンク

フリーランスエンジニアで案件に困らないようにするための秘訣

案件が多いスキルを身につけていく

自分の持っているスキルが活かせる案件が少なければ、案件を獲得するのが難しくなってしまいます。
なので、市場で求められているスキルを身につけていくことが望ましいです。

市場が求めているスキルというのは時間の流れとともに変化していくので、自分でその情報収集が難しいのであれば適宜エージェントに市場動向について確認すると良いです。
エージェントは常にどのような案件が多いとか、増えている減っているの動向についてデータを持っているので、簡単に把握できると思います。

またエージェントには自分のキャリアプランを相談しておくのも良いでしょう。
キャリアプランを相談すると、市場動向の状況からそのキャリアプランでも大丈夫かとか、どのような順番でスキルを身につけていったら良いかなどのアドバイスももらえるかもしれないです。

市場動向を見極めながら自分のキャリアプランを考えていくと、案件に困りにくいスキルが身についていくと思います。

案件先に評価してもらえるように業務をこなす

自分の働きぶりによって案件先は『契約を継続するかどうか』、『単価を上げるかどうか』などを判断するのは当然ですが、案件先の評価はエージェントの評価にもつながってきます。

エージェントも案件先からの評価が低いエンジニアは積極的に使いたくないのは簡単に推測できると思います。
逆に評価の良いエンジニアであれば、そのエンジニアのために積極的に良い案件を獲得しようと頑張ってくれるでしょう。
そうしないと、別のエージェント経由で案件を獲得されてしまっては、エージェントの利益にならないですからね。
優秀なエンジニアであれば、他からも良い条件の案件が取りやすいということは認識しているでしょう。

このようなことを考えると、案件先の評価というのは契約継続や単価アップの交渉以外にも、エージェントの案件探しにも影響してくることはしっかりと理解しておくべきです。

スポンサーリンク

最後に

今回は、自分のこれまでフリーランスエンジニアの経験をもとに『フリーランスエンジニアで案件に困らないようにするための秘訣』を紹介しました。

フリーランスは会社員と違って案件が無くなれば収入がなくなることに直結するので、不安な要素の1つですがしっかりと市場動向を把握しながらスキルを身につけ、案件に対して結果を出していくことによってその不安も解消されていくでしょう。

コメント