【節約術】弁当で昼食代を5000円以上節約!さらに昼休憩時間も確保!弁当持参のメリットと弁当生活を続けるコツ

節約術

仕事をしている平日、昼食代は割とかさむものだと思います。
「お金を貯めたい」、「節約して投資に回したい」、けどあまりお金が無いという方は、昼食代を見直すことが必要かもしれません。

新型コロナの影響でリモートワークしている人もいると思いますが、出社している人もリモートワークしている人も弁当で昼食代の節約ができます。

今回は、昼食代を節約するための弁当のメリットや弁当生活を続けるコツを紹介します。

スポンサーリンク

弁当のメリット

昼食を弁当にするメリットとしては大きく2点あります。

それは「お金の節約」「昼休憩時間の確保」です。

お金の節約

まず、「お金の節約」から話を始めましょう。

都市部で昼食を外食で済ませる場合、たいてい安くて500円、少し値段が張ると1000円ぐらいになると思います。

月に20日勤務とした場合、昼食代で10000円~20000円の出費になるというわけです。

その出費を少しでも節約するとなれば、弁当が良いでしょう。

弁当を手作りした場合は、200~300円程度に抑えることができます。

そうなれば、月に4000円~6000円の出費となるので、大きなお金の節約になるわけです。

昼休憩の時間確保

外食するということは、会社から外に出て、店まで行って、注文して、料理を待って・・・

とご飯を食べるまでにかなりの無意味な時間を使うことになります。

弁当であれば、休憩スペースに行くぐらいの手間で済むので、時間の節約にもなります。

少しでも長く休憩を取りたいと思っている方にとっては、弁当というのは大きなメリットになるのではないでしょうか。
休憩時間が長くなれば、本を読んだり、自己研鑽をしたりする時間も確保できるので、弁当によって外食の無意味な時間を有意義な時間に変えることができます。

スポンサーリンク

弁当をつくり続けるために必要なコツ

ここまで弁当のメリットについて紹介しました。

ただ、弁当を作る手間を考えるとやはり「面倒くさい」「朝、弁当をつくる時間なんてない」と言ってなかなか弁当生活を始めることができない人も多いかと思います。

自分は1年以上、弁当生活を続けているので、次に弁当生活を続けるためのコツを紹介します。

弁当のおかずは作り置きしておく

その日の朝におかずを作って、弁当箱に詰めて、というのは大変です。

なので、まず「毎朝おかずを作る」ということをやめましょう

弁当に入れるおかずは、時間に余裕のある時にまとめて作り置きしておきます。

そして朝は、弁当箱にただ詰めるだけの作業にしておきます。

そうすれば、5~10分ぐらいで弁当が完成するので、そこまで面倒ではなくなります。

自分の場合は、日曜に作り置きをして、水曜の夜に少し作り置きをするような感じにしています。
まとめて作ることで、弁当のおかずを作るためにかける時間も節約できます。

冷凍食品をうまく利用する

作り置きでつくるのが難しいおかずや、作り置きが少し足りない場合などに活躍するのが冷凍食品です。

弁当おかず用の冷凍食品の種類は多いので、冷凍食品だけで弁当をつくってもなかなか飽きないと思います。

弁当生活を続ける、ということが大事なのでうまく冷凍食品を組み合わせるのがおススメです。

自分はよく冷凍食品のからあげを利用しています。
あと、野菜が足りないと思ったときは弁当おかず用のきんぴらとか、ほうれん草のおひたしを利用しています。

スポンサーリンク

さいごに

いきなり、おかずの作り置きを作って、弁当生活に切り替えるということが難しいのであれば、最初は冷凍食品を利用して始めてみるのが良いかと思います。

徐々におかずの作り置きにもチャレンジして、弁当のおかずにバラエティに用意できるようになっていけば良いのではないでしょうか。

コメント