【AI_03】anacondaとPycharmでPythonの開発環境をつくる【人工知能】

AI

ど~もtoniemonです☆

今回はPythonを使ってプログラムができる環境をつくっていきます。

ちなみに、PCのOSはWindows10です。

 

スポンサーリンク

anacondaのインストール

まずは、anacondaって何?ってところから簡単に説明します。

anacondaは一言でいえば、『データサイエンス向けに作成された Pythonパッケージ』です。

要するに、anacondaを入れてしまえば、機械学習とかのプログラムで使うモジュールも一緒にインストールしてくれるものだと言う感じです。

さらにanacondaの良いところは、モジュールの追加もanacondaの環境を使って、簡単にできたり、Pythonのバージョンを分けて環境を作ったりできます。

Pythonのバージョンは、ディープラーニングのフレームワークで指定されてたりするみたいなので、このバージョン分けが活躍するということみたいです。

 

では実際にanacondaをインストールするところまでを画像を使いながら説明します。

まずはAnacondaをダウンロードしましょう。

URLは

Anaconda Python/R Distribution - Free Download
Anaconda Distribution is the world's most popular Python data science platform. Download the free version to access over 1500 data science packages and manage l...

です。

 

ダウンロードが完了すれば、インストーラーを起動しましょう。

 

Nextをクリックして、先に進みます。

 

I Agreeをクリックします。

次はインストールするのは自分だけか、すべてのユーザーかを選択します。

 

次はインストール先のフォルダの選択です。

特に問題なければ、変更せずそのままで良いと思います。

 

次はインストールオプションです。

1つ目はAnacondaをPATH環境変数を追加するかどうかですが、推奨されていないようなので、今回は追加しませんでした。

コマンドプロンプトからPythonを使用する場合があるなら、追加してた方が良いと思います。

 

インストールが始まり、しばらく待つと完了します。

Nextをクリックして最後の画面へ。

 

最後は特に必要なければ、2つともチェックを外してFinishをクリックしてください。

これでAnacondaのインストールは完了です。

 

 

スポンサーリンク

Pycharmのインストール

Anacondaをインストールすると、Pythonの開発環境としてSpyderがインストールされますが、今回は別のIDEとして『Pycharm』をインストールしてみたいと思います。

このPycharmはPythonのIDEの中では、人気のあるIDEということで、人気のあるものに乗っかっちゃえ!って感じで、これを使っていきたいと思います。

まずはダウンロードから。

URLは

PyCharm: the Python IDE for Professional Developers by JetBrains
The Python & Django IDE with intelligent code completion, on-the-fly error checking, quick-fixes, and much more...

です。

 

DOWNLOAD NOWをクリックします。

すると次はダウンロードするバージョンが2つ選べます。

個人の勉強程度なので、フリーで使用できるCommunityを選択します。

 

ダウンロードができたら、Setupのインストーラーを起動します。

Nextをクリックして次に進みます。

 

インストール先のフォルダが指定できます。

特に問題なければ、変更せずそのままNextをクリック。

 

ショートカットの作成やpyファイルの関連付けが選択できます。

使っているPCにJREがインストールされていない場合は、JREのダウンロード、インストールにチェックを入れてください。

 

スタートメニューのフォルダ指定ですが、そのまま変更せずにInstallをクリック。

インストールが始まります。

 

インストールが完了すると、下の画面が出てきます。

そのままPycharmを起動する場合は、チェックをいれて、Finishをクリック。

 

スポンサーリンク

Pycharmの動作確認

Pycharmを起動すると、初期設定でテーマやエディターの色変更ができたりします。

▼Editor colors をDefault

▼Editor colors をDarculaに変更した場合

 

個人的には背景が黒い方が好きなので、Editor colorsをDarculaに変更します。

 

とりあえず、新規プロジェクトでテストプログラムを作ってみます。

Create New Projectをクリック。

 

プロジェクトを作るフォルダの指定。

先ほどのAnacondaのインストールが問題なければ、Interpreterも自動で指定されていると思います。

Createをクリック。

 

新しくPythonのファイルを作成するには、

プロジェクトのフォルダを右クリックして、

New → Python File をクリック。

 

作成するファイルの名前を付けて、OKをクリック。

 

やはり手始めは、Hello worldの文字列出力でしょう!

ってことで、

print(“Hello world!”)

と1行記述して、緑の三角ボタンをクリックして、実行。

下の画面にHello world!がちゃんとひょじされていれば、とりあえずは動作OKそうです。(赤枠)

 

 

Pythonのプログラミング環境はできました!

RPGの勇者で例えるなら『銅の剣』を手に入れた感じでしょうか。

これから、Pythonを勉強していって、いつの日か『AIエンジニア王』におれはなる!

 

 

ではでは~

コメント